テープカットをしてみたい~マンガ「買いたい新書」第10回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.10  テープカット式典バサミ

テープカット式典でテープをカットする。なかなかできない経験だと思う。だからこそ私はやってみたかったのだ。

しかし、どうだ。私の目の前には、自分のために式典でテープをカットしてもらった男が鎮座しているではないか。そちらの方がはるかにめずらしい体験といえよう。

そうだ。主役は彼だったのだ。

しかし、私は私のためにテープカットをしてしまっていた。そう思うと、いつしか取り憑かれていたテープカットの魔物はふと姿を消していた。

私は一体何をしていたのだ。

今改めて、3塁打を打った、沼田光太郎という男を私はお祝いしたい。懸命なる読者の皆様と、沼田氏本人は、祝われても困るだろうが、この場を借りて、式典をやらせて欲しい。

心に結ぶ紅白のリボンを、心の中の純金のハサミで、一度経験したテープカットのノウハウを活かし、私は切ろう。

彼のさらなる輝かしい人生の幕開けとなれるよう。

テープカット用ハサミサンキュウ!

TAGS

この記事をシェア