シグマがミラーレス用レンズ「星景写真に最適」(カメラニュース8/6号)

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

シグマは、ミラーレスカメラ向けの大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art」と3本の単焦点レンズ「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」の計4本を8月23日に発売すると発表しました。いずれも光学性能を追求したArtラインモデルです。

星景撮影に最適な広角ズーム

「14-24mm F2.8 DG DN | Art」は、ソニーEマウントとライカ・パナソニック・シグマ(未発売)のカメラで使えるLマウント対応ミラーレスカメラ向けの大口径超広角ズームレンズ。ショートフランジバックの特性を生かして、ボディの小型化と高画質を両立しました。

同社は、周辺まで均一な高い描写力と解像感があり、星景写真の撮影で使用されるシートタイプのリアフィルターを装着できる「リアフィルターホルダー」を標準装備。脱落防止のロック機構も備えていることから、「星景写真用レンズの決定版」としています。希望小売価格は税別19万円です。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art

Lマウント対応の単焦点レンズ

「35mm F1.4 DG HSM | Art」「50mm F1.4 DG HSM | Art」「85mm F1.4 DG HSM | Art」の3本は、2019年2月26日に発表していたLマウント用交換レンズ11本のうちの3本です。LマウントのAF駆動方式や通信速度を最適化し、高速AFを実現しています。また、Lマウントのカメラで使われるAF-Cモード、カメラ内手ブレ補正機構、カメラ内収差補正機能(周辺光量補正、倍率色収差補正、歪曲収差補正)にも完全対応しています。希望価格は35mmが税別11万8000円、50mmが税別12万7000円、85mmが税別16万円です。

【製品概要】
SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art、SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art

【問い合わせ】シグマ カスタマーサポート部
電話フリーコール 0120-9977-88

ソニーイメージングギャラリー銀座が写真展を公募

ソニーイメージングギャラリー銀座が、第7回写真展に出品する作品を募集しています。

今回で7回目。「一般公募部門」と、若手写真家の活動支援のために制作費を規定額までサポートする「ユース部門」の2部門が設置されています。審査に通ると、2020年4月以降に2週間の作品展が開けます。応募方法はWebのみ、9月30日の午後3時締切となっています。

【応募資格】
・2部門ともプロ・アマチュアは問いません
・日本国内在住の人
・個人、グループどちらでも応募可能
・1次審査に合格した場合、指定期間に東京での2次審査(面談)に出席できる人

【一般公募部門】
・年齢、撮影ジャンルを問わず応募可能

【ユース部門】
・35歳以下の新人が対象
・審査に通ると以下の費用をサポート
 展示物制作費40万円まで(動画編集費用を除く。発注先は指定業者から選択)
 展示作業にかかる基本費用6万4800円まで

【応募方法】
・Web応募のみ
 エントリーシートに入力
 展示を想定している作品20点以上をアップロード

【審査】
・一次審査:10月1日~31日
・二次審査(面談)11月11日~22日

【作品展開催時期】
 2020年4月以降

応募要項はこちら

 

TAGS

この記事をシェア