ファーストクラスひとり旅、波乱の幕開け!(50代からの独身日記:5)

アメリカン航空のサービスや快適性は予想以上でありました。

50歳を超えて独身になって早3年目。3度の引越しの度に生活はモデルチェンジを繰り返し、ついにロサンゼルスへのファーストクラス体験に選ばれてしまいました。しかし、その先には予期せぬ事件が次々と勃発!

ひとり身になって身軽になると、ツキといいますか運気というのがまわり始めるものですね。これまで書いてきた幸運な引越しや空き家リノベも、その事例かもしれません。さて、今回はちょっとビックリなプランに選ばれてしまいました。

それもアメリカン航空のロサンゼルス往復ファーストクラスご搭乗体験!

(厳密には「違い」を体験してもらうために、行きはビジネスクラス、帰りがファーストクラスでした。ちなみにアメリカン航空のファーストクラス・ビジネスクラス利用の場合は、JALの同じクラスのラウンジを利用できます。)

かつて会社員時代に出張でビジネスクラスを利用したことはありましたが、それは遠い昔で記憶もほとんどなし。シートが広めで食事がちょっと良かった、くらいでしょうか。

出国から波瀾万丈

そもそものきっかけは、2019年に「ファーストクラスで世界一周」を上梓された、友人でトラベルジャーナリストたかせ藍沙さんの出版記念パーティーがきっかけでした。

独自のノウハウでファーストクラスに乗って世界一周を成し遂げた彼女は、海外旅行業界の中では有名な方で、下界を見下ろす六本木ヒルズクラブで行われたパーティーも、ある意味、天空の華やかな世界で開催されたのでありました。

ファーストクラスで世界一周は夢でも何でもなく現実的に可能だ!ということがこの本一冊でわかります。

その時に応募した多くの情報拡散力があるお歴々の中から、後日の審査を経て選んでいただいた幸運。通知が来た時にはそりゃもうビックリして、椅子から転げ落ちそうになったのでありました。

しかし、記憶上25年ぶりのアメリカ合衆国。ロサンゼルス市往復3泊5日の「旅」は、出国時から波乱万丈のスタートだったのです。

7月6日、出発の朝。なんとなくそわそわであります。羽田発夕方の便なのですが、早めに行ってJALファーストクラスラウンジで優雅にシャンパーニュなんて思っていたわけです。ファーストクラスだし、いつもの京急バスじゃなくてタクシーだよな、ってことで、羽田に向かい、国際線のカウンターでパスポート出してチェックイン!

と思いきや、ププー、とアラームが!

「お、おれは何も悪いことしてないぞ~」なんて思いつつ、カウンターのスタッフに訪い合せると、

スタッフ「お客様、ESTAはお取りになっていますよね?」

私「(ぽかーん)…そのエスタってなんですか?」

(札幌駅の地下街のことかと思ったりしたまじで)

はい、超久しぶりの海外だった私は、ESTAというものをまったく知らなかったのです。SNSにそのことを書くと「ESTAを出国72時間前に取得する」ことは常識らしく、その瞬間からはもうドキドキ。スマホからは何度やっても、パスポートの下にある数字と記号の読み取りがうまくいかない…。はい、暑くもないのに汗だくでありますよ。

ESTA取ってない!そこに現れた担当者は…

荷物は父が愛用していたZUCAひとつ。それも中身は着替えのみでスカスカで出発!

偉そうにファーストクラスで~なんて言いながら出国できなかったら、5日間もう家に引きこもるしかありません。そんなことが頭をよぎりながらアメリカン航空の担当の方を待つことに。出発3時間前、ESTAなしのドキドキタイムであります。

結局、手取り足取りのご指導の下、PCからエントリー出来て1時間後には無事発券。通常は短時間で発券というのは難しいのでしょうけど、この時はなにか特別な力が働いたのかどうかは、今も謎のまま。

さあ、発券されれば出国手続きを経て、JALのファーストクラスラウンジへゴー!でありますよ。気分は一気にアゲアゲムード! アメリカン航空の方のアテンドもついて、もう迷うこともありません。それどころか全部案内してくれるので超お気楽(いいのかな、ほんとって感じ)。

はい、予想通りそこは別世界でありました。滑走路や飛行機が見渡せる広々とした空間には、多くのフリーフードメニューやドリンク類が品よく並んでいて、空腹ならいくらでもイケそうな気配です。客層はご家族から、いかにものビジネス風の方々まで幅広く、そして当たり前ですがワールドワイド。

ESTA取得に相当な時間を有してしまったのでラウンジでのんびりと、というわけにはいきませんでしたが、シャンパーニュテタンジェで喉を潤し、ピンチョスをつまんで、短いながらも優雅な時間をいただきました。アメリカン航空の配慮で、まだ機内清掃中の状態から搭乗させてもらい、クルーの方々にご挨拶。私が話せる英語は冗談のみ。

ビジネスクラスも広々と。これがファーストクラスになったら…

「ぼくは25年ぶりにアメリカに行きます。好き嫌いはありませんが、お酒はシャンパーニュしか飲めません」と言ったら、席に着くなりシャンパーニュが並々と注がれます。半分飲んだらすぐに注ぎに来てくれるので、離陸前から気分は空の上。

「違いを体験してもらう」ことも目的の一つであるために、行きはビジネスクラスです。ファーストクラスも見せてもらいましたが、わずか8席なので広さと空間とアメニティなど大きく違います。もちろんビジネスクラスもゆったりとして居心地は申し分なし。ちなみにこの便は全クラス満席でありました。

和食の粋を空の上で

ほろ酔い気分で離陸してまもなく、お待ちかね、ディナータイムであります。事前に予約しておいた芝大門の高級和食店「くろぎ」の会席膳をじんわりと待つ私。

「くろぎ」は1年先まで予約で埋まるほどの人気店で、こういった機会でなければその料理をいただくことなど到底不可能。季節感と素材の組み合わせ、味わいのバランス、美しさと余韻、日本の食のすべてが凝縮された料理を、国境のない空の上でいただく贅沢。

いや、これを贅沢という言葉では表現しきれないほどの非日常でした。

「くろぎ」の会席ディナー。このあと椀や飯ものが運ばれます。温度や鮮度も申し分なし。箸は奥出雲の百年煤竹箸を持参しました。

さて、映画を見ない=モニターをつけない私は、いただいたWi-Fi環境で現地の様子を探ったり、友人たちとメッセンジャーしたりしているうちに、いつしか飛行機の中とは思えない環境で深い眠りに着いたのでした。

さて、11時間ほどでLAX(ロサンゼルス国際空港)に着陸。最後にもう1杯シャンパーニュを、と頼むと、

「そんなに好きなら1本持っていくといいよ」と、1本頂いてしまいました。かなり感激の瞬間で、これですっかりアメリカン航空ラブになってしまいました。

特に行きたいところもなく、まずは予約していたサンタモニカピアに近いホテル(250ドル×3泊)に行くだけの私は、そう急ぐこともないわけで。

驚きのオプションサービス

アメリカン航空のサービスや快適性は予想以上でありました。

ここで書いておきたいのが、ファーストクラスにはさらに上を行く、驚きのオプションサービスがあったこと。それが、The Private Suiteと言いまして、到着後、飛行機横のタラップから降りて、お迎えの専用車に乗って特別ゲートから入国できるサービスが設定されているのです。

いくらファーストでも、早く乗れて降りれても、入国審査や税関はそれなりに時間やストレスもかかり厄介なもの。それをすべて特別待遇でこなしてくれるのが、The Private Suiteサービスでした。

ロサンゼルス国際空港の専用の税関前にて。「The Private Suite」利用の人だけ受けられるサービスです。

専用車で空港をぐるっと回って、専用のラウンジでカフェタイム。そしていくつかの認証を経て、すぐにゲートの外へ。そこは正真正銘のアメリカ合衆国でありました。

さらに。

そこにはまた別の専用車が私を待っていて、ホテルまで、そしてサンタモニカピアまで連れて行ってくれるというのです。さあ、急に気が大きくなった私ですが、その先にとんでもない事件が待っていようとは夢にも思わなかったのでした。

続く。

関連記事
ひとり旅経験者に聞く!海外・国内おすすめの旅先、人気ランキング!

 

連載

特集

TAGS

この記事をシェア