キヤノンがAPS-Cセンサーカメラ2機種を発表 有効3250万画素

キヤノン EOS M6 Mark II(シルバー)EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM装着時

キヤノンは、有効約3250万画素のAPS-Cセンサーを持つ2機種のカメラを発表しました。デジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」を9月中旬に、ミラーレスカメラの「EOS M6 Mark II」を9月下旬に発売します。

価格はいずれもオープンプライス。キヤノンオンラインショップでの販売価格は、「EOS 90D」(ボディ単体)が税別15万円前後、「EOS M6 Mark II」(ボディ単体)は税別11万5000円前後となると見られます。

解像度は3250万画素 瞳AFも搭載

イメージセンサーは、いずれも約3250万画素のAPS-C CMOSセンサーを搭載。従来機は2420万画素でしたので34%アップしています。全有効画素が位相差AFのオートフォーカス用センサーとしても機能する「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載し、サーボAFと動画サーボAF時の両方で「瞳AF」が使用可能になりました。(90Dはライブビュー時のみ)。最新の映像処理回路「DIGIC 8」を搭載、動画撮影は4K30p撮影に対応しました。

キヤノン EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM装着時

「EOS 90D」は、約2420万画素の一眼レフ「EOS 80D」の後継機種で、連写速度は従来機の最高約7コマ/秒から、上級機の「EOS 7D Mark II」と同等の最高約10コマ/秒に高速化。測距点数は従来機と同じオールクロス45点。約22万画素RGB+IR測光センサーを搭載し、ファインダー撮影時に被写体の顔を検知する追尾が可能になりました。

常用ISO感度は16000から25600へ拡大、室内や夜景などの暗いシーンでもノイズを抑えた高画質な撮影が可能になっています。背面の操作系が一新され、スティック状とのマルチセレクターとホイール形状のコントローラーの2つが搭載されました。

外形の寸法は、140.7×104.8×76.8mm。質量は記録メディア、バッテリー込みで約701gです。

キヤノン EOS 90Dの公式サイトはこちら

全押し0.5秒前から「プリ撮影」可能に

キヤノン EOS M6 Mark II(ブラック) EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMとEVF-DC2装着時

「EOS M6 MarkII」はミラーレス「M6」の後継で、連写速度は、従来機の最高約9コマ/秒から、EOSのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark II」に並ぶ最高約14コマ/秒になりました。連写中でもブラックアウトしないで映像を確認できます。

また、画素数が約75%の1800万画素となる「RAWバーストモード」では、AF追従で最高約30コマ/秒を実現。シャッター半押し状態から撮影を開始し、全押しの最大約0.5 秒前から記録できる「プリ撮影」が可能になっています。

外形の寸法は、約119.6×70.0×49.2mm、質量は記録メディア、バッテリー込みで約408gです。

キヤノン EOS M6 Mark IIの公式サイトはこちら

 

TAGS

この記事をシェア