睡魔VS帰巣本能 終電一本勝負~マンガ「買いたい新書」第11回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、
自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.11  快眠グッズ

明日の朝、家に工事の人が来る。
この力はすごかった。

おかげさまで私は無事に帰宅し、次の日、無事クーラーが設置された。

私は帰巣本能が割と強いのかもしれない。
実を言うと、これまでも終電でうっかり寝てしまっても、下車する駅ではっ!と起きることが何度もある。

起きなければ起きなければと思っていると、起きたい駅で起きられる仕組みは良くわからない。
とにかくめちゃくちゃ家が好きだということかもしれない。

しかしこの決戦、やってみるとすごく楽しかった。
またやってみたいと思っている自分がいて驚く。

乗り過ごしたら帰れないというドキドキ感。
そして、気づいたらとんでもないところにいるかもしれないという、自分の理(ことわり)の外に行く感じ。
夜の知らない土地に思う冒険感。

皆様も是非やられてみてはいかがでしょうか。

次の日に工事の予定を入れて。

ああ帰れてよかった。

 

TAGS

この記事をシェア