厚切り肉に甘辛いタレがジューシーな「しょうが焼き」を作ろう

厚切り肩ロースのしょうが焼き

こんにちは! 料理研究家の「ジョーさん。」です。食のマーケティング会社で働いた後に独立し、誰でも再現できて、誰もが作る気になれるレシピを研究してお届けしています。

10月からスタートしたこの連載では、「お手軽なのに本格的なおつまみ」をテーマに、自宅での「ひとり飲み」のお供にぴったりのおつまみレシピをお伝えします。

今回ご紹介するのは、肉厚な豚肩ロースに甘辛いタレの絡んだ「しょうが焼き」。さらに、残ったタレで作れる「しょうが焼きそば」です。

ビールにはもってこいのしょうが焼き

分厚いお肉にかぶりつくと、鼻をくすぐるしょうがの刺激に、焦げたしょうゆの香り。弾力のあるお肉を噛み締めて、好きなお酒で飲み下す瞬間は何物にも代えがたいものがあります。

しょうが焼きは薄切りの肩ロースやバラ肉で作ることの方が多いのですが、贅沢に厚切りの肩ロースを使いましょう。こうした分厚い肩ロースがあまり使われないのは、固くパサつきやすいためです。しかし、ちょっとした2つのコツを押さえるだけで、柔らかく、パサつきのない生姜焼きを作ることができます。

まず1つめのコツは「筋切り」を行うこと。これを行うことで肉が縮むのを防ぎ、身も柔らかく仕上がります。

分厚い肩ロースには「筋切り」を行うこと

やり方は簡単、脂身と肉の境目に垂直に包丁を入れていくだけ。もしも包丁でうまく切れない時は、キッチンバサミを使うとより簡単です。

2つ目のコツは、肉に薄く片栗粉をまぶすこと。片栗粉は肉の中の水分が飛ぶのを防ぎ、ジューシーな仕上がりにしてくれる効果があります。

また、焼く前のタレへの漬け込みは不要。加熱の途中で入れるだけで十分に風味がつきますし、後入れの方がしょうがの風味が生きます。

焼き終わったフライパンには、豚肉の脂やタレがほんの少し残っていますよね。肉を焼いたあとフライパンに残ったこれらのエキスも無駄にしないよう、同じフライパンでキャベツを炒めます。

しょうが焼きに合わせるには、キリッと冷えたビールがおすすめ。しょうがのピリッとした辛味が、ビールによく合います。ハイボールなんかもおいしいですよ。

余りがちなしょうがも、具材にすると絶品の焼きそばに

しょうがが主役の「しょうが焼きそば」

しょうが焼きを作った際に残ったタレや生のしょうがで、絶品の焼きそばができます。

麺に甘辛いタレが染み込んだ焼きそばはしょうがのさわやかな香りが食欲をそそり、驚くほどすいすい食べられてしまいます。

しょうがは細切りにして具材にすることで、シャキシャキとした食感が出てアクセントになります。ちょっとした辛味がまたビールに合いますよ。ただの薬味だと思っていたしょうがの、具材としてのポテンシャルにきっと驚かされるはず。

使用する麺は、焼きそば用に作られたものでなくてもOK。ラーメン用の麺を使う場合は少し硬めに茹でてから、レシピ通りに加えてください。

焼きそば成功の秘訣は、具材と麺を別に炒めること

今回ご紹介するしょうが焼きそば以外にも、家で焼きそばを作る際におすすめしたいコツがあります。ぜひ肉や野菜といった具材と麺とは別に炒めて、最後に合わせるようにしてみてください。

炒めた具材を戻してから炒め合わせる

肉や野菜を炒めたら一度お皿に取り出しておき、麺を炒めます。麺がほぐれて熱が通ったところに具材を戻し入れて炒め合わせます。

具を加熱しているところに麺を入れる方法ですと、キャベツや玉ねぎといった野菜から出た水分を麺が吸ってしまい、食感が損なわれてしまいます。これを防ぐために、それぞれ別に炒めるのがおすすめなのです。

また、野菜の加熱しすぎを防ぎ、キャベツなどのパリッとした食感を残すことができますよ。

きょうのおつまみレシピ

厚切り肩ロースのしょうが焼き
(1食分、調理時間14分)

【材料】
●豚肩ロース(厚切) 200g(2枚)
●A 酒 大さじ1
●A 醤油 大さじ1
●A はちみつ(または砂糖)小さじ1
●A こしょう 少々
●しょうが 1かけ(10g程度・チューブの場合6cm)
●ごま油 大さじ1
●片栗粉 適量
●キャベツ 大きめの葉2枚

作り方
1.キャベツはざく切りにする。しょうがをすりおろし、Aと混ぜ合わせる。
2.豚肩ロースの脂肪と赤身の部分に切れ目を入れ、全体に片栗粉をまぶす。
3.フライパンにごま油大さじ1/2を引いて中火で熱し、2を加えて両面の色が変わるまで加熱する。
4.1で混ぜた調味料を回しかけ、煮詰めながら豚肉に絡めたら、器に盛る。
5.同じフライパンにごま油大さじ1/2を引いて強火で熱し、キャベツを加えて1分炒めたら器に盛る。

しょうがが主役の「しょうが焼きそば」
(1食分、調理時間10分)

【材料】
●焼きそば麺 1袋
●豚肩ロース 50g
●玉ねぎ 1/2個
●キャベツ 大きめの葉1枚
●しょうが(具材用) 1かけ(10g程度)
●しょうが(タレ用)1かけ(10g程度・チューブの場合約6cm)
●ごま油 大さじ1
●A 酒 大さじ1
●A 醤油 大さじ1
●A はちみつ(または砂糖)小さじ1
●A こしょう 少々

作り方
1.キャベツはざく切りに、玉ねぎは薄切りに、しょうが(具材用)は細切りに、豚肩ロースは1口大に切る。しょうが(タレ用)をすりおろし、Aと混ぜ合わせる。
2.フライパンにごま油大さじ1/2を引いて中火で熱し、玉ねぎ、しょうがを炒める。
3.しんなりしてきたら豚肉を加えて炒め、色が変わってきたらキャベツを加えてさらに炒める。全体に油が回ったら一度皿に取り出す。
4.同じフライパンにごま油大さじ1/2を引き、焼きそば麺を加えて中火で炒める。
5.麺がほぐれたら3を戻し入れ、1の調味料を加えたら、全体がなじむまで炒め合わせる。

 

特集

TAGS

この記事をシェア