(スター・ウォーズひとり旅)残された巨大セット、砂漠の街に溶け込む

ジェダイの騎士がいた!? (撮影:喜久知重比呂)

今回は、チュニジアの旅の中で「スター・ウォーズ」の世界に最も浸れる場所を紹介します。

【連載】スター・ウォーズひとり旅

「スター・ウォーズ」のロケ地 (撮影:喜久知重比呂)

まるでテーマパーク

4WDが道なき道を進む。途中起伏の激しい場所もあり、ラリーの気分だ。スター・ウォーズ・キャニオンと呼ばれる峡谷があるシディ・ブベルの次に向かったのは、オング・エル・ジュメルという場所。サハラ砂漠の何もない場所。砂漠の地平線の光の向こうから「スター・ウォーズ エピソード1 /ファントム・メナス」(1999)に登場する街が見えてきた。

「スター・ウォーズ」のロケ地 (撮影:喜久知重比呂)

チュニジア中部の街タタウィンから名付けられた砂漠の惑星タトゥーインにあるモス・エスパという宇宙港、そのセットが撮影時のまま残されていた。20以上の大きな建物がある砂漠のスタジオであった。

Google Mapで検索すると、モス・エスパと表示される。それは映画のセットとは思えないほど土地に溶け込んでいて、何年もこの地にあったかのように建っていた。

サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット (撮影:喜久知重比呂)

気分を盛り上げようとiPhoneでジョン・ウィリアムズの「スター・ウォーズ」のサントラを聴きながらセットの中へ。ここは、のちにダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの故郷。奴隷商人や宇宙の強者たちが集う場所。まるでテーマパークのアトラクションにいるかのような気分だった。

よく見るとやっぱりセット

サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット (撮影:喜久知重比呂)
サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット (撮影:喜久知重比呂)
サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット (撮影:喜久知重比呂)
サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット(撮影:喜久知重比呂)
サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセットの裏側(撮影:喜久知重比呂)

しかし、建物の裏側は写真の通りの張りぼて。

砂漠で水を得るための水分凝結機の大道具、映画では金属に見えるが、よく見ると木で作られていた。やはりセットなのだ。

「スター・ウォーズ」水分凝結機のセット(撮影:喜久知重比呂)
「スター・ウォーズ」水分凝結機のセット(撮影:喜久知重比呂)

ルーカス監督がチュニジアで最初に撮影を行なったのは1976年。今から43年も前、「スター・ウォーズ」の1作目「エピソード4/新たなる希望」(1977年)の時である。

この場所で2回目の撮影が行われたのは20年後の1997年。サハラ砂漠に巨大なセットを建造したが、最初の撮影時同様、砂嵐が発生し、再びセットが破壊されている。そんな事実を知ると、わざわざロケをしなくてもCGを使えばよかったのでは、と思ってしまう。この頃は、CG技術も大きく発達していたのだ。

だが、北アフリカの砂漠まで連れて来られた役者たちは、ブルーバックのセットよりもリアルに、映画の世界にいることを感じることが出来ただろう。嫌になっても逃げ出すこともできないけれど。灼熱の砂漠での撮影は地獄だったと、Cー3POを演じたアンソニー・ダニエルズをはじめ、コスチュームに覆われた役者たちは語っている。

サハラ砂漠に残された「スター・ウォーズ」のセット(撮影:喜久知重比呂)

地面に目をやると、ジェダイの格好をしたおじさんが昼寝をしていた。この場所に勝手に住んでいる人がいると聞いていたが、この人だった。セットとはいえ、雨風をしのぐには十分である。こんな砂漠のど真ん中で食料とか水はどうしているんだろうかと心配になるが。

彼に写真を撮らせてくれと頼むと、快くOKをくれた。後ろ姿を撮影した1枚は、帰国後に現像したら、驚くほど「スター・ウォーズ」の世界だった! 「新作の場面写真です」と言っても信じてもらえるくらいである。この写真、エフェクトなしでこの感じなのだ。

ジェダイの格好をした現地のおじさん(撮影:喜久知重比呂)
おじさんの後ろ姿。まるでジェダイの騎士のよう(撮影:喜久知重比呂)

当時CG技術はあったにせよ、今の何倍も費用が掛かっていただろうことも考えると、
ロケの方が簡単に思い通りの映像を撮ることができたのかもしれない。

ジャスミン革命が起きる直前のチュニジアの風景(撮影:喜久知重比呂)
ジャスミン革命が起きる直前のチュニジアの風景(撮影:喜久知重比呂)
ジャスミン革命が起きる直前のチュニジアの風景(撮影:喜久知重比呂)

帰国直後に「アラブの春」

私がチュニジアの地を旅した1週間後、「アラブの春」の発端となる事件が起きた。中部の都市で当局の度重なる摘発に抗議して露天商が焼身自殺。ベンアリ独裁政権打破のデモが拡大していったジャスミン革命。ニュースで見たのは、見覚えのある街が混乱した様子だった。その後もテロ事件が起きるなど、以前よりも行きにくい場所になってしまった。旅で出会った人たちが、今も無事で幸せに暮らしていることを祈る。

「スター・ウォーズ」にまつわるコラムはまだまだ続きます。

May The Force Be With You!

 

特集

TAGS

この記事をシェア