ハワイで楽しむ「ひとり旅」のすすめ(人生を味わう「ひとり旅」:03)

冒険するひとり旅とは、まったく異なる魅力があるハワイ。ダイヤモンドヘッド山頂から

僕は、海外に出かけるなら、冒険のようなひとり旅が好きです。

しかし、自分との対話の時間を増やして人生をとことん味わうのであれば、あえて「何もしない」ひとり旅という選択肢も、僕にとっては冒険と同じくらい必要なもの。

ひとりの時間を思いっきり楽しみ、自分と向き合う時間を作ってあげて、心も体もリフレッシュ。

そんな、「何もしない」をしに行くのであれば、ハワイほど最高な場所はありません。

とはいえ、ハワイといえば、大勢で行ってワイワイ楽しむところというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、人生を味わうための「ひとりハワイ」の楽しみ方を紹介します。

賑わうビーチより静かなビーチへ

ハワイに行ったら観光客で賑わうワイキキビーチもいいですが、ひとりで楽しむなら、静かなビーチで波の音を聞きながらのんびりするに限ります。

ワイキキビーチは、入口にあるデューク・カハナモク像で記念撮影くらいにしておいて、のんびりするときは別のビーチを目指しましょう。個人的におすすめのビーチは2つ。

1つ目は、ベローズ・フィールド・ビーチ。ここは週末限定のビーチです。

ワイキキビーチから車で30分。「ベローズ・エアフォース・ステーション」という空軍の基地の中にあります。このビーチは、金曜の12時から日曜の20時までという週末限定で解放されます。水の透明度も高く、何よりそこまで混んでいないがオススメの理由。空軍の基地内なので、もちろん治安も良いですよ。

ベローズフィールドビーチ。「週末限定」という響きもいいですよね

車での移動はちょっと……という方には、アラモアナビーチがオススメ。

巨大ショッピングモール・アラモアナセンターの向かいにあり、気軽にアクセスすることが可能。ダイヤモンドヘッドも眺められます。ワイキキビーチと比べても空いているので、そんなに移動せずにのんびりするにはもってこいのビーチです。ショッピングのついでに、波の音を聞いていきましょう。

アラモアナビーチ。ビーチからの眺めも綺麗なので、結婚式の前撮りも行われていました

ホテルのプールこそ、至福の時間を過ごせる場所

ひとりの時間を最大限味わうためには、ホテル選びも重要。ロケーションはもちろんのこと、ハワイであれば、ひとりの時間を満喫するためのプールも重要な要素です。

数あるホテルの中でも、僕がオススメなのは、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ。ワイキキビーチ近くに位置し、なんとここには、ワイキキビーチで一番高い8階に位置するインフィニティ・プールがあります。

眺めが最高なことはもちろん、大人専用プールと子供も利用できるプールに分かれているので、大人専用プールでは静かにリラックスした時間を過ごせます。プール横にはサマーベッドやジャグジーも完備されているので、気がついたら時を忘れて、半日プールでダラダラしてしまった、なんてことも。

リッツ・カールトンのインフィニティプール。このプールに浮かびながら見る夕焼けは絶景です

でも、そんな時間こそが至福の時。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチなら、プールだけではなく、もちろん部屋も広々としていて充実しており、部屋からの眺めも絶景。プールで泳ぎ疲れたら、大きなベッドでお昼寝。一人じゃもったいない気もしますが、ひとりの時間を楽しむには、もったいないくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

リッツ・カールトンの部屋。もうホテルから出たくなくなります。そんな過ごし方もたまには◎

好きなものを好きなときに好きな量だけ

ひとり旅で困るのが、食事。ハワイだと一食の量も多いため、なかなか適量を食べるのが難しいことも。

そんな時の僕らの味方が、ホールフーズ・マーケット。

デリコーナーではお惣菜が量り売りになっていて、好きなものを好きな量だけ取ることができます。また、ポケステーションには様々なポケ(魚介の切り身を使ったハワイ料理の一種)が並んでいて、こちらも量り売り。ひとり旅の強い味方です。

ホールフーズのポケステーション。家の近所のスーパーにもできて欲しい……

とはいえ、美味しいレストランも多いハワイ。レストランへ行く際は予約をして行きましょう。おしゃれな場所へ行くときは、ドレスコードのチェックもお忘れなく。

美しい星空を眺める

ハワイの魅力は、ホノルルがあるオアフ島だけではありません。大自然を感じることができるハワイ島もオススメです。

「ビッグアイランド」の愛称で親しまれるハワイ島には、マウナ・ケアやキラウエア火山、ワイピオ渓谷、アカカ・フォールズなど、大自然の見所がたくさんあります。その中でも、僕が好きな場所は、マウナ・ラニというパワースポットです。

アメリカ・セドナ、フランス・ルルドと並んで「世界三大パワースポット」と言われるこの場所は、「フィッシュポンド」という池で、王族たちが食べる魚を棲ませていたいわば「天然のいけす」。ここは強力なマナ(神聖な力)を持っていると言われており、立ち寄れば、全身からパワーがみなぎってくる……かもしれません。

パワーをゲットして、オーラを身にまとった……ような写真も撮れます

もちろん、ハワイ島に来たらビーチも外せません。毎年5月下旬に発表されている「アメリカズ・トップ10ビーチ」にて全米No.1ビーチに選ばれたこともあるハプナビーチなど美しいビーチがたくさんあり、リラックスするにはもってこいです。

そんな、ひとりでも楽しめる魅力が詰まったハワイ。ホノルルへはもちろん、ハワイ島へも直行便が飛んでおり、どちらも夜遅めの時間に出発する飛行機があるので、仕事帰りに空港に向かえば休みの前日から出発することも可能です。

さらに、日本の連休に合わせて行けば街は日本人だらけなので、友人も来ていたりします。日中はひとりの時間を楽しみつつ、ランチやディナーだけ友人と合流なんて過ごし方もできるかも。

ひとり旅は好きだけど、まだひとりハワイは未経験のあなた! そんなハワイへ、「何もしない」ひとり旅をして、人生をじっくり味わってみませんか。

ワイキキビーチでの記念撮影もお忘れなく!

 

TAGS

この記事をシェア