ヘッドルーペで寿司を「どでか寿司にしたい」~マンガ「買いたい新書」第12回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、
自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.12 ヘッドルーペでどでか寿司を奢る

「寿司をでっかくすれば、若者は喜ぶ」

それは40歳のエゴかもしれない。

しかしヘッドルーペで見た寿司は、でかいなんてレベルのでかさではないのだ。

マグロは赤い大地のように目前に広がり、イクラはナメック星のドラゴンボールのように光る。そしてエビの頭は、そうドラゴンだ! すごいじゃないか!

確かに彼は、ルーペで寿司を食べているとき、熱く興奮していたように私には思える。

普通に食べたほうがそれは食べやすかっただろう。しかし、刻まれたか? 彼の心に普通の寿司はちゃんと刻まれたのか?

答えはNOだ。わかりきっている。

後輩に飯をおごったときに、その思い出に残りたいと思うのは、欲張りなことだろうか。いいや、私は残りたい。世の先輩諸君も大いに刻みつけようではないか。後輩の心に、思い出のでっかい寿司を!

だから今回も私はこう叫ぶのだ!

と!!!

 

TAGS

この記事をシェア