約3万円の電卓に「普通なところがひとつもない」こだわりを見た(ひとりと文具)

(イラスト・古本有美)

電卓というのは「電子式卓上計算機」の略。つまり電子回路を搭載した卓(テーブル)上に乗るサイズの計算機、ということである。

「計算機がテーブルに乗るなんて当たり前だろ」と思われるかもしれないが、いやいや、電子計算機が卓上サイズになったのって、たかだか50年ちょっと前の話なのだ。それ以前は真空管を大量に積んだタンスのような巨大なモノだったし、1963年にイギリスで発明された世界初の電卓だって、今のパソコンよりもずっと大きく(重量16kg)、専用の机にドカッと鎮座しているような形だった。

ちなみにその翌1964年には真空管の代わりにトランジスタなどを使った電卓がシャープ(当時は早川電機)とCASIOからほぼ同時期に発表されており、この年が国産電卓元年となっている。

……と、わざわざ電卓の歴史の話から入ったのは他でもない。今回紹介するCASIOの電卓「S100」が、2015年にCASIO電卓50周年を記念して作られた、おそらく電卓として空前絶後の究極クオリティを持つ製品だからだ。

CASIO電卓50年の集大成とも言えるフラグシップモデル「S100」

計算機なんてアプリとしてスマホに入ってるし、わざわざ電卓なんて使わないよ、という人も多いだろう。しかし、平板な液晶内の数字ボタンをタッチするためには、常に画面を見続けていなければならず、ミスタッチも多い。慣れればキーを目視せずに素早く計算ができる電卓は、今でも会計士や経理事務の現場において必須のプロツールなのである。

単にボタンをポチポチ押して計算するだけの電卓なら、それこそ100均でも買うことができる。経理のプロが使う12桁表示や、早打ちに必須のキーロールオーバー(入力時、キーから指を離す前に別のキーを押しはじめても認識する)機能が付いているものでも、1,000円台から10,000円前後。

しかし、「S100」は定価でなんと29,700円(税込)。普段から無料のスマホアプリ電卓を使っている人からしたら、ちょっとありえない存在に感じるんじゃないだろうか。

ボディの外周は、光沢を出すためにダイヤカットで仕上げられている。

高価格は「プロツール」としての優秀さのあらわれ

もちろんその値段には理由がある。

まず、ボディ自体がアルミ合金を削りだして作られた硬質なもので、表面はヘアライン仕上げ。ずっしりした重量感とソリッドな雰囲気は、プラ製の電卓とは完全に別次元の存在感だ。

小数点以下の四捨五入などを設定するスライドスイッチもアルミ製で、トップには高級オーディオのようなスピン目加工が施されている。スライドさせるとガチッ! ガチッ! と強い手応えがあり、勝手に変な設定に切り替わらないようになっている。

裏側は接地面ほぼ全てをエラストマー製のストッパーでカバー。激しく操作してもずれ動くことはない。

ディスプレイには、高コントラストで数字が鮮明に見えるFSTN液晶を採用。さらにハイグレードな眼鏡用レンズに施されている両面反射防止コーティングによって光の透過率を高めている。このコーティングが非常に優秀で、例えば従来の電卓と蛍光灯の真下で比較してみると、あきらかに照明の映り込みが無いのが分かるはず。

どんな環境下でもくっきりとした数字が読み取れるため、目の疲労感も大きく違ってくるだろう。

蛍光灯の真下で比較。一般的な電卓(左)は光を反射して液晶が読み取りづらいのに対して、反射コーティングを施されたS100(右)は数字がくっきり視認できる。

なにより手が込んでいるのは、最も重要な入力キーである。

そのクオリティが一番分かりやすいのは打鍵した際の挙動で、試しにキーの端を押し込んでみると、キー全体がスッと真っ直ぐ沈み込むのだ。

これは、キー下部にV字ギアリンク機構(高価格帯のPC用キーボードに使われているもの)を備えているからで、キーのどこを押してもストロークの圧力方向がぶれないように作られている。
タンタンとスピーディーに打ち込んでもミス無く確実に入力が行われる安心感は、それだけでプロツールとしての優秀さの表れと言えるだろう。

一般の電卓(左)は、キー端を押すと斜めに沈み込むため、確実に入力できないことも。S100(右)ならキーのどこを押しても垂直に沈む。

これは人類の英知におけるひとつの到達点だ

面白いのは、テンキーのキートップ表示が印刷ではないということ。

使い込まれた電卓は、キートップが擦れて数字が消えてしまうケースも多い。もちろん経理のプロはキートップなんてほとんど見ずに入力しているだろうが、それでも「そろそろ買い換えかなぁ」とは感じてしまうのではないか。

しかし、こちらは3万円近くもする電卓だ。キートップが消えただけで、気安く買い替えるわけにはいかないのも道理である。

そこで「S100」はテンキーの黒地と数字の白を別々の樹脂で作る2色成形で仕上げている。どこを切っても同じ柄の出る金太郎飴みたいなもので、これならどれだけキートップがすり減っても数字は消えず、長期間の使用に耐えるようになっているのだ。

使用頻度の高いテンキーは、表面がすり減っても数字が消えない2色成形。

これらの物理的な作り込みに加えて、レート換算設定やマルチ換算、桁下げ修正など必要な機能も全部盛り。

まさに、どこにも不満の出る余地のない完成度と言えるだろう。

プロ仕様の実務電卓に必要な機能はもちろんすべて搭載されている。
タタタッと素早くキーを打つと、程よいはね返りのある打鍵感が指に残る。これが気持ち良くて、ついつい意味もなく計算し続けてしまいそうだ。

国産電卓が発明されてから50余年。その間に巨大な筐体がポケットサイズになり、太陽電池で電源フリーとなり、複雑な計算もワンキーでこなせるように進化してきた。

電卓黎明期から比べるとサイズはとんでもなく小型化して、性能は格段にアップ、しかもそれがモノによったら100円ショップで売られてたりするんだから、恐ろしい話である。じゃあ、安いのでいいじゃん、わざわざ3万円近い電卓を買う意味ってなんだよ、と言う人は、それでいいだろう。だって実際に100均の電卓だって普通に使えるんだから。車だって単にエンジンかけて走れば軽自動車でも充分。オーディオだって音が鳴れば充分。

でも、走り心地や質感、音質といったものにこだわりたいからこそ、高級車や高級オーディオというジャンルが存在するわけだ。

であれば、キーや液晶画面、本体フレームまで、細部にわたって普通なところがひとつもない、徹底的にこだわり抜かれた究極至高の高級電卓…というのは、それだけでも充分な存在価値があると思うのだ。

 

TAGS

この記事をシェア