【海外ひとり旅】ここだけは行きたいおすすめ観光スポット5選(イギリス編)

イギリスの名所「ビッグ・ベン」(撮影・泉桜子)

海外ひとり旅に行ってみたいけど、どこへ行って何をすればいいのか分からなくて不安、という話をよく聞きます。今回は「海外ひとり旅」が大好きな帰国子女の私が、イギリス・ロンドンのひとり旅におすすめの観光スポットを5つご紹介します。

文化的な観光地が多いロンドンはひとり旅にぴったりで、どこをご紹介するかとても迷いましたが、「ひとりの時間を充実させる」という点を重視して5つに厳選しました。

世界最大規模の大英博物館

世界最大規模の大英博物館は多くの人でにぎわう(撮影・泉桜子)

最初にご紹介するのはイギリスの有名観光スポット「大英博物館」。世界最大規模の博物館は見応え十分。建物自体も壮大で、エントランスはとても天井が高く、入るだけで圧倒されてしまいます。

展示物のおすすめは「ロゼッタ・ストーン」。エジプトのロゼッタ地方で1799年に発見されたと言われる石版です。他にもエジプトのミイラやギリシャのパルテノン神殿の彫刻なども必見。博物館は初めてという人も楽しめるような展示物がたくさんあります。

しかし、ここの特徴は博物館だけではありません。博物館前の広場や併設のレストランがすごくいいところなのです。博物館前の広場はとても気持ちいいので、見学に疲れたら広場に出てひと休みするのもおすすめです。

博物館併設のレストランでは本格的なアフタヌーンティーが楽しめる(撮影・泉桜子)

また、イギリスといえばアフタヌーンティーですが、博物館併設のレストランでもいただけます。イギリスはよく食事がおいしくないと言われますが、アフタヌーンティーは本場なだけあって、とてもおいしいのでぜひ試してみてください。

ウエストエンドのミュージカル劇場

歴史あるウエストエンドのミュージカル劇場(撮影・泉桜子)

ロンドンに行ったらミュージカルも外せません。ミュージカルといえばニューヨークのブロードウェーが有名ですが、実はロンドンのウエストエンドの方が歴史は古く、年間の観客数も多いのです。

セリフや歌は英語ですが、話している言葉が分からなくても、劇場の装飾や歴史ある雰囲気、オーケストラの生演奏、歌、衣装、演出などを十分に楽しめます。特に劇場の装飾はきらびやかで圧倒されます。

劇場にはバーがあるので、開演前や休憩時間にお酒やソフトドリンクを楽しむことができます。私はひとり旅では、安全面からホテル以外でお酒は口にしないようにしているので、アイスクリームを買うことが多いです。劇場で食べると格別においしく感じます。

パンフレットなどを自分や友人へのお土産に(撮影・泉桜子)

ちなみに公式プログラムはウエストエンドでは300円〜500円程度で買えます。中身はとても見応えがあり表紙もきれいなので、買って帰って家に飾ったりお土産にしたりするのもおすすめです。

「ジャーミンストリート」でショッピング

イギリスでショッピングといえば世界一の百貨店と言われる「ハロッズ」が有名です。王室御用達の商品や「くまのプーさん」の元になったといわれるハロッズ・ベアなどが売っている高級百貨店です。

しかし、今回私がおすすめするのは、そんなハロッズから地下鉄で3駅のところにある「ジャーミンストリート」です。ここでは伝統を重んじるイギリスらしい老舗が軒を連ねています。王室御用達のお店もあり、どれも見るからに上質で、落ち着いてゆったりとショッピングを楽しめます。

王室御用達の盾が飾られた紳士服店(撮影・泉桜子)

紳士向けのお店が多いですが、香水やせっけん、ボディーケア用品のお店もあるので女性でも楽しめます。どのお店もショーウィンドーの装飾が上品かつおしゃれなので、眺めているだけでも楽しいですし、インスタ映えすること間違いなしのスポットです。

「ジャーミンストリート」と並行している道の「ピカデリー」ですが、こちらにはロンドン最古の書店があります。私はここで、お土産に世界地図を購入しました。イギリスが真ん中にくる英語表記の世界地図、おしゃれでお気に入りです。

ただ、これらのお店、休業日は日本と文化が違うので注意が必要です。イギリスはキリスト教国なので、イースター、クリスマス、聖金曜日や安息日である日曜日にお休みになるお店が多いので、行く前に確認しておくと安心ですね。

骨董(こっとう)市「カムデン・パッセージ」

「カムデン・パッセージ」で売られているアンティーク食器(撮影・泉桜子)

ロンドンには、たくさんのマーケットがあり、それぞれのマーケットにはおおよそのメインとなる商品があります。例えば、古着なら「カムデン・ステイブルズ・アンティーク・マーケット」、お花なら「コロンビアロード・フラワー・マーケット」など。

そんなたくさんあるマーケットの中で、私がおすすめするのはアンティークの食器や小物、アクセサリーを多く扱う「カムデン・パッセージ」です。

ここはマーケットの中でもかなり落ち着いた雰囲気。人も多すぎないのでじっくりと見ることができます。品物は世界中のアンティークバイヤーが買い付けにくるくらい上質なものがそろっています。手に取る際は、お店の人に一声かけましょう。

中でも食器は、日本ではあまり見ない柄や装飾のものが多く、眺めているだけでも面白いです。

ここを訪れたときの注意点はスリ被害。ヨーロッパの中でもイギリスは治安が良い方ですが、マーケットへ行くときは貴重品を最小限にして、いつも以上に注意を払いましょう。

英国料理「ロック&ソールプレイス」

「ロック&ソールプレイス」のフィッシュ&チップス(撮影・泉桜子)

英国料理といえば、イングリッシュブレックファストやスコーンなどがありますよね。私はイギリスで色々な料理を食べましたが、個人的に一番おいしいと感じたのは「ロック&ソールプレイス」のフィッシュ&チップスです。

フィッシュ&チップスは、イギリスの伝統的な料理で、タラなどの白身魚のフライとポテトフライのセットです。

145年も前から変わらないレシピで提供しているという「ロック&ソールプレイス」のフィッシュ&チップスは、白身魚のフライとポテトフライの他に厚めのカットレモンと特製のタルタルソースが付いてきます。

最初はひとくち、何も付けずに食べてみるのがおすすめ。白身魚のフライはふわふわで、魚のうまみもしっかり感じられ、衣は軽く、クセになるサクサク感です。かなりのボリュームなので、おなかをぺこぺこにして、熱々のできたてをぜひ堪能してください。

イギリスのおすすめ観光地、いかがでしたでしょうか?書いているうちに私もまた行きたくなってきました。ぜひこの記事を参考にして、旅の予定を立ててください。

Have a nice trip! And good luck!

 

特集

TAGS

この記事をシェア