「国、都のやり方おかしい」 田中良・杉並区長、たばこ規制にもの申す

田中良・杉並区長(撮影・斎藤大輔)

ひとりひとりが考える未来」は、たばこ、タトゥー、自動運転など意見が分かれるテーマについて多様な考え方を伝え、ひとりひとりの読者と共に、日本の未来を考える特集です。

2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックを前に、東京都は喫煙ルールを大きく変えます。18年6月に成立した「東京都受動喫煙防止条例」は、翌7月に成立した国の「改正健康増進法」よりも厳しい内容です。

条例は、改正法と同じくすでに一部施行されています。病院や区役所などの行政機関は、屋内で完全禁煙に。ただ、国会議事堂や裁判所は“行政機関”ではないため、喫煙ルームでの喫煙はOK。役所などよりも規制が緩くなっています。

飲食店は「全面禁煙」「喫煙室あり」など、対応を店頭に示すことが19年9月から義務化。20年4月からは、従業員がいる飲食店は、原則として禁煙とするか喫煙室の設置が必要となります。こうした都の方針に歓迎の声が上がる一方で、飲食店主や愛煙家を中心に「客が減る」「実態に即していない」と否定的な意見もあります。

こうした国や都によるたばこを規制する流れに、異を唱えている人がいます。東京都杉並区の田中良区長(57)です。進む「たばこの規制」について、どう考えているのか話を聞きました。

やり方が集権的、非科学的だ

インタビューに応じる杉並区の田中良区長(撮影・斎藤大輔)

――国の法律と都の条例について、どう思いますか?

田中区長:受動喫煙の防止自体にはもちろん賛成で、ルール作りも結構です。でも、今回のやり方には大反対。東京都であれば、大手町のオフィス街から自然豊かな多摩地区、さらには小笠原などの島嶼(とうしょ)部までありますが、すべて一律のルールで規制するわけです。立地環境が全然違うのに、一緒くたにルールを決めたら、いろいろと矛盾が出てくると思います。

――どうしたら良かったと思いますか?

田中区長:国の法律で受動喫煙防止という目標・方針を決めるのはいいけれど、具体的な計画は各自治体が作って、市町村や区が条例で決めるという進め方をするべきです。そのほうが現場の状況に応じたルールが作れますから。ビジネス街や住宅街、農地など、立地環境に基づいたルール作りをすべきで、それを国や都は予算の面などでバックアップすればいい。

そもそも小池さん(=小池百合子都知事)は90年代に日本新党から出馬して国会議員になったんですが、その時、同党は“地方分権”を旗印にしていたんですよ。もっと権限を地方に移すべきだと主張していた人が、たばこを吸う場所まで都のルールで強制的に決めようとしているのはおかしい。やり方が集権的すぎるし、非科学的です。

――喫煙ルールについて、ほかにおかしいと思うことはありますか?

田中区長:市役所や区役所は室内に喫煙室を作っちゃいけないのに、国会議事堂は作っていいというのも、よく分からない。国会の議決で法律を決めておきながら、自分たちは対象外にするわけだから。国会には子供たちが毎日のように社会見学で来ていますよ。区役所の中にあった喫煙ルームは、今は全部撤去して屋外に喫煙所を作り直しました。

――田中区長は、たばこを吸うんですか?

田中区長:20年ぐらい吸っていたんですが、10月末に一時的に体調を崩して以来、控えています。喫煙ルールに口を出すと、「区長はヘビースモーカーだから」と言う人がいますが、吸っていた時期でも1日10本ぐらいで、決してヘビースモーカーではない。そもそも私自身が吸うか吸わないかで政策を判断したり、決定するようなことはありません。

――区長室に灰皿が置いてあったと問題視する声がありましたが?

田中区長:以前、区長室の応接間に、お客さんが吸いたければどうぞと思って灰皿を置いていました。しかし、屋外の喫煙所以外では吸ってはいけないわけですから、灰皿は撤去して、今は吸いたいお客さんが来たら屋外の喫煙所を案内しています。

従業員のいる個人経営の店まで強制は疑問

インタビューに応じる杉並区の田中良区長(撮影・斎藤大輔)

――喫煙者にとっては、辛い流れですね。

田中区長:今まで喫煙ルームを作って分煙していて、それで何の問題もなかったのに、撤去する必要があったのか、と思います。今は区役所の喫煙所は屋外の1カ所だけ。昼休みになると喫煙者が殺到するから、煙がモクモクで。喫煙者の健康は、全然考えられていないんですかね。副流煙でいっぱいの空間でないと、たばこが吸えなくなったわけですから。

――都条例は、飲食店に対する規制も厳しくなります。

田中区長:飲食店だって、ファミレスぐらいの規模だったら分かりますが、従業員のいる個人経営の店まで、ああだこうだとルールを強制するのは、いかがなものかと思います。それは店の経営者が決めることで、国や都がそんなことまで管理する必要があるのか。マナーの問題でもあるし、煙は嫌ですっていう人の前では吸わなければいい。

たばこを吸っていい店だと知っていれば、わざわざ文句を言う人はいませんよ。そういう店に子供を連れていきながらたばこを吸わないでくれっていうのも、違うんじゃないかな。ルールとして決まった以上は仕方ないけど、いろいろと無理が出てくるんじゃないかと思いますね。

 

特集

TAGS

この記事をシェア