【海外ひとり旅】これだけは知っておきたいやってはいけない行動(マナー編)

海外には日本にはないマナーや文化がある(Photo by Getty Images)

海外ひとり旅には行きたいけど、現地マナーは知らなくて大丈夫かな、と心配になりませんか?

日本とは文化が違う海外で楽しくスムーズに旅を続けるには、基本的なマナーの知識が大切です。今回はチップ、ジェスチャー、ショッピングのマナーを「海外ひとり旅」が大好きな帰国子女の私が解説します。

自分も相手も気持ちよく過ごすために大切なマナー。ぜひ参考にしていただければと思います。

チップのマナー

まずはチップのマナーについてです。

チップは日本にほぼ無い文化なので、チップの金額や渡し方が分からず、現地で戸惑う方も多いのではないでしょうか。チップはレストラン、タクシー、ホテルなどでサービスを提供してくれた人に直接渡すものです。

海外ではレストランのホール係、タクシー運転手やホテルのスタッフなど、サービス業に従事する方の賃金はとても低い場合があり、その足りない部分をチップで補っている国が数多くあります。

もちろん賃金の話を抜きにしても、良いサービスを受けておきながらチップを支払わないというのは、海外ではマナーとしてタブー。店員さんによっては怒り出さないまでも、理由を聞いてくる場合があります。なぜその金額なのか、なぜ払わないのかを現地の言葉で説明する必要があります。

また、サービスの良しあしの判断は、日本でいつも受けているサービスを基準にするのはNG。その国にはその国の文化や、良いとされているサービスがあるので、それを基準にして判断するようにしましょう。分からない場合は、相当サービスが悪かった場合を除き、チップを払っておくのがベターです。

レストランの場合、食後に料金を支払う際にチップも支払います。チップの金額はお会計の10〜20%が目安です。伝票に「Service charge(サービス料)」や「Gratuity included(サービス料込み)」と記載されている場合と、ファストフード店などのセルフサービスのお店の場合には、チップは必要ありません。

ホテルでは、スタッフに荷物を部屋まで運んでもらった際に、荷物の数×1ドル程度。ルームサービスを頼んだ場合は、料金の10%から。ベッドメイキングをしてもらった場合は、ベッド1台につき1ドル程度となります。

タクシーの場合は料金の10%から。トランク等に荷物を運んでもらった際は、荷物の数×1ドル程度を渡しましょう。

チップで1ドルを渡す際に、コインで渡すのはマナー違反なので注意しましょう。必ず1ドル札を多めに用意しておいて紙幣で支払いましょう。

日本ではなじみのないチップはマナーを守って(Photo by Getty Images)

ジェスチャーのマナー

ひとり旅の場合、現地の人とコミュニケーションを取る機会は、誰かと一緒に行く旅よりも圧倒的に多くなります。その際に注意したいのが、ジェスチャーやしぐさのマナーです。

親指を下に向けるなどは、言わずと知れた絶対NGなジェスチャーですが、日本ではよく使うジェスチャーも、国によっては別の意味になってしまったり、侮辱的な意味になってしまったりすることもあるので注意が必要です。

例えば、人に手を振るときに手をひらひらさせるのが日本では一般的ですが「あっちへ行け」という意味になってしまう国も。このようなマナー違反を防ぐには、行く国に合わせて下調べをしておけば安心ですね。

初めて行った国のマナーを知る際、私のおすすめはズバリ、人間観察です。人に手を振るときどうやっているか、写真を撮るときどんなポーズをしていることが多いか、はたまた数を数えるときの指の立て方など。

体に染み付いてしまっていることでもあるので、急に順応させるのは難しいですが、現地の人にならって、その国流のジェスチャーやしぐさでコミュニケーションを取ってみましょう。相手が返してくれるとうれしいですし、相手も自分の国のルールを尊重してもらえていると喜んでくれます。

また、ジェスチャーとは少し違いますが、身のこなし方にも日本とは違ったマナーがある場合があります。レディーファーストの国では、見ず知らずの女性に対しても、電車やバスに乗り込むとき、お店に入るときなどにはドアを開ける、先に入ってもらう、といった身のこなしが男性のマナーです。女性はお礼の言葉を忘れないようにしたいですね。このようなことにも注意を払うと、より円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

ジェスチャーの意味はその国によって異なる(Photo by Getty Images)

ショッピングでのマナー

最後はショッピングのマナーです。

日本は「お客様は神様」の文化なので、買う側がショッピングの際に気にするマナーはそこまで多くないように思います。しかし「お客様は神様」は日本独自の文化。その意識のまま海外へ行ってしまうと、文化の違いから思わぬトラブルを招いてしまうことがあります。

ショッピングでお店に入った時には、まずお店の人にあいさつをしましょう。日本では、何も言わずにお店に入って自由に商品を見る、というのが普通のことですが、海外ではまず店員さんにあいさつをするのがマナーとなっています。「怪しい人ではないですよ」という意思表示の意味もあります。商品も勝手に手に取るのではなく、必ず許可を取ってからがマナーとなります。

また、洋服店の店員さんは、歩合制の場合があります。最初に接客をしてくれた店員さんではなく、むやみに違う店員さんに話しかけるのは、トラブルの元なので避けましょう。洋服のサイズ探しや試着室への案内など、買い物に必要なサポートは、全て最初に接客してくれた担当の店員さんに頼むのが良いマナーです。

レジでお会計をする際には、担当の店員さんの名前を言う場合や、担当の店員さんがレジまで連れていってくれる場合などがあります。買っても買わなくても、お店を出るときは一言お礼を忘れずに。

ちなみに、レストランでも同様に海外では席ごとに担当が決まっています。チップのこともあるため、注文やお会計などで店員さんを呼び止める際は、最初に水を持って来てくれた店員さんにしましょう。

海外でのマナーはなじみがないので、よくわからず難しいと感じるかもしれませんが、知っていれば、旅を一段と過ごしやすくしてくれます。マナーは相手を思いやること。最初は現地の人のまねするだけでもOK!

きっとあなたの気持ちは伝わります。この記事が、あなたの安全で楽しい旅の手助けになれば幸いです。

Have a nice trip! And good luck!

 

TAGS

この記事をシェア