ひとりで黙考するのにおすすめの喫茶店5選(新宿編)

新宿の隠れ家的喫茶店「coffee fragile」

喫茶店・カフェに通うこと通算5000回以上。コーヒーも好きですが、喫茶店という空間をこよなく愛しています。

今回は、そんな喫茶店大好きな私が、ひとりの時間を満喫するのにおすすめの新宿の喫茶店を五つご紹介します。どの喫茶店も個性が光る素敵なお店ばかりを選びました。

新宿のおすすめの喫茶店5選

珈琲貴族エジンバラ

優雅に過ごすことができるカウンター席=珈琲貴族エジンバラ

最初に紹介する店舗は「珈琲貴族エジンバラ」。24時間営業しており、幅広い年齢層のお客が訪れる喫茶店です。

私のお気に入りは、カウンター席でひとり優雅に過ごすことです。頭の中を整理したいときに行きます。おいしいコーヒーを飲みながら黙考すると、存分にこのお店の良さを味わうことができるでしょう。

上品でぜいたくな味わいのブレンドコーヒー=珈琲貴族エジンバラ

ブレンドコーヒー「貴族ブレンド」(税込み900円)は、オーダーを受けてから豆を挽(ひ)いているそうです。モカをベースにブレンドされていて、酸味が強めのコーヒーです。上品でぜいたくな味わいですが、どこか親しみも感じられます。

〜店長の関恵美子さんから一言〜
「ひとりでも、友達とでも入りやすいお店だと思います。サイホン式で24時間淹(い)れているので、夜中でもおいしいコーヒーが飲めます」

閉店の時間を気にせず過ごすことができる、貴重な喫茶店にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

<店舗情報>
珈琲貴族エジンバラ
住所 東京都新宿区新宿3-2-4 新宿M&Eスクエアビル2階
営業時間 24時間営業
TEL 03-5379-2822

BERG

JR新宿駅構内にあるアートな「BERG」

続いてご紹介するのは、JR新宿駅構内の一角にある「BERG」。新宿を訪れた際に、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

新宿の駅構内なので騒がしいと思いきや、席に座ってみると意外と考え事がしやすい環境です。ひとり客がほとんど。それぞれが自分の世界を楽しんでいるような雰囲気も、黙考に向いている理由です。

職人が手作りしているというパンとソーセージを使ったベルクドッグ=BERG

私のおすすめメニューは、ベルクドッグ(税込み319円)です。副店長の迫川尚子さんによれば、まずは何もつけずに食べるのがおすすめとのこと。

実際、何もつけないで食べるとソーセージ本来のおいしさがより堪能できます。「ソーセージってこんなに味があるんだ」と、感じることができます。酸味と甘みとコクのある、ブレンドコーヒー(税込み220円)とあわせて頼むのがおすすめです。

〜迫川さんから一言〜
「お客様とスタッフと職人たちと、一緒にお店を作っている感覚です。おひとりおひとりが、そのときの気分で、気持ちよく過ごしていただければと思います」

外観も内装もすごくアートなお店なのに、そのアートが新宿の生活に溶け込んでいます。店長の選曲によって、朝の時間帯は毎日違う店内BGMにも注目です。

<店舗情報>
BERG(ベルク)
住所 東京都新宿区新宿3-38-1 LUMINE EST(ルミネエスト)B1
営業時間 月〜日祝7:00~23:00
TEL 03-3226-1288

ブラジル館 四丁目店

有名な漫画家も訪れた「ブラジル館 四丁目店」

続いて紹介するお店は「ブラジル館 四丁目店」。新宿の中心部から少し離れた、静かな場所にある喫茶店です。

店主の屋比久昌美さんによると、藤子・F・不二雄と藤子不二雄Ⓐが一緒に来店したことがある、という漫画ファンにはたまらないエピソードがあります。

私のおすすめは「アイリッシュ・コーヒー」(税込み600円)です。アイリッシュコーヒーといえば、透明なグラスで、上層がクリームで下層がコーヒーに分かれているお店が多いです。

見た目が特徴的なアイリッシュコーヒー=ブラジル館 四丁目店

しかし、ここのアイリッシュコーヒーはグラスではなく、かわいらしいカップに入っています。表面にクリームが浮かべられていて「ウィンナコーヒー」に見えるのが特徴です。

甘さは控えめで、少し加えられているウイスキーの味わいを感じることができます。

〜店主の屋比久昌美さんから一言〜
「30年くらい前からここに勤めていて、コーヒーの味はその頃と変わりません。私はこの味を飲み慣れているので、それが一番おいしく感じます」

ちょっと現実から離れたいときや、自分の時間にどっぷりと浸りたいときにおすすめです。

<店舗情報>
ブラジル館 四丁目店
住所 東京都新宿区西新宿4丁目1-10 東建ニューハイツ1F
営業時間 月〜金8:00~20:00 土9:00~18:00 日祝休み
TEL 03-3374-6690

ル・カフェ・ドゥブルベ(Le cafe W dubleve)

本格的なパスタを提供する「ル・カフェ・ドゥブルベ」

新宿西口のヨドバシカメラ近くにある喫茶店「ル・カフェ・ドゥブルベ」。場所は知っていても、喫茶店とは知らずにいる方も多いのではないでしょうか。

ひとりで訪れた際のおすすめは、窓際の席です。窓際には2人席が3席ほどあり、ゆっくりとひとり時間を過ごすことができます。

生麺を使ったパスタとドリップ式コーヒー=ル・カフェ・ドゥブルベ

このお店の名物は「オーロラ(トマトクリームソース)のパスタ」(税込み1000円)。麺は生麺でもちもちとした食感で、トマトの適度な酸味を感じつつ、クリーミーな味わいを楽しむことができます。パスタ屋さんのパスタのような、本格的なメニューです。

〜チーフの松谷順平さんから一言〜
「『これを特化しているお店』というのはないですが、逆にいろんなお客さんに使っていただくことを目指しています」

パスタにも合うドリップ式コーヒー「トアルコ・トラジャ」(税込み500円)を飲みながら、ひとり時間を満喫してください。

<店舗情報>
ル・カフェ・ドゥブルベ(Le cafe W dubleve)
住所 東京都新宿区西新宿1-12-10 2F
営業時間 月〜日11:00~23:00
TEL 03-3342-0850

coffee fragile (コーヒー フラジャイル)

濃厚なのに食べやすいガトーショコラと今月のコーヒー=coffee fragile

最後に紹介するのは、新宿3丁目にある「coffee fragile」。店主と話せる喫茶店は年々減ってきている印象があります。しかし、ここの店長の山口邦夫さんは聞き上手で、ついつい話を引き出されてしまいます。

店舗は地下にあり、扉の前から店内をのぞくと、バーのような雰囲気が出ています。しかし、入ってみるとカジュアルで、ひとりでも過ごしやすいです。

聞き上手な店長の山口さん=coffee fragile

このお店のコーヒーのこだわりは「万人に飲みやすいものを」だそう。「今月のコーヒー」(税込み600円)は、基本さっぱりとしています。「スペシャリティーコーヒー」を提供していて、飲めば良質な豆を挽いているのが分かります。

コーヒーだけでも十分楽しめますが、濃厚なのに食べやすい「ガトーショコラ」(税込み600円)も一緒に食べるのが私のおすすめです。

〜山口さんから一言〜
「好きなように過ごしていただければと思います。新宿の地下なので、慣れない方だと印象が良くないですが、気軽に入ってください」

黙考は黙考でも、人のぬくもりを感じながら黙考したいときに適した喫茶店です。

<店舗情報>
coffee fragile (コーヒー フラジャイル)
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿 B102
営業時間 月〜日11:00~18:00 金休み
TEL 03-3351-9039

以上、新宿でひとり時間を満喫する上で、おすすめの喫茶店5選でした。ぜひ新宿で喫茶店を訪れる際は、参考にしてみてください。

 

TAGS

この記事をシェア