初めての海外ひとり旅には「台湾」へ!(人生を味わう「ひとり旅」:05)

台湾でおいしい小籠包があなたを待ってます

2020年! 今年こそは「初めての海外ひとり旅に挑戦したい!」なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、世界中をひとり旅してきた僕が、初めての海外ひとり旅におすすめの都市とスポットを紹介します。

僕は、初めての海外ひとり旅でもっとも重要なことは、「成功体験を味わうこと」。これに尽きると思っています。

文化も言語も通貨も違う海外に行けば、トラブルやハプニングはつきもの。ましてやそれがひとり旅となると、自分の力だけで解決する必要があり、場合によっては、トラブル解決にかなりの時間を要することもあります。

しかしながら、そんなトラブルやハプニングとも上手に付き合えるようになってくると(どれだけ旅慣れてもトラブルなどが起きないことはないとお考えください)、ひとり旅が格段に楽しくなります。ですので、初めての海外ひとり旅は、あまり背伸びをせず、まずはひとり旅の「成功体験を味わうこと」が重要だと思うのです。

そんな、成功体験が味わえる、おすすめの旅行先は、ズバリ、台湾の台北!その理由は3つあります。

1. 日本からも気軽に行ける。国内旅行より安い場合も!?

台北への直行便であれば、成田や羽田、関空だけでなく日本各地から飛んでいるので、気軽に行くことが可能です。また、例えば羽田空港からだと片道4時間なので、週末だけで行って帰ってくることも十分にできます。さらに、LCCを使えば、往復2万円台で行くことだってできるのです。また、ホテル代や食費も日本と比べると台北の方が安いので、総じて国内旅行より安く仕上がる場合も多いです。

2.治安も良く、親日なのでみんなフレンドリー

ひとり旅となると、特に気になるのが治安面。しかしながら台湾は日本と同じくらい治安が良いため、男性はもちろん、女性のひとり旅でも安心して楽しむことができます。夜道を安心して歩けるのも重要ですよね。また、台湾は親日国なので、道に困ったりして人に尋ねると、とても親切にしてもらえることが多いです。不安なひとり旅の旅先で、人々がフレンドリーなのはかなり救われます。

疲れたら足つぼマッサージでひと休み

3.公共交通機関&Uberで移動もスイスイ

台北は公共交通機関が発達しているので、大体のところが電車かバスを使えば簡単に移動できます。また、配車タクシーアプリ「Uber」も普及していて、アプリ上であらかじめ目的地を伝えて移動できるので、言葉にも困らず安心です。また九份や台中、台南などへ遠出しようとする場合も、長距離バスや高鉄(台湾版新幹線)も発達しているので、気軽に出かけることができます。

以上のことから、台湾・台北は不安な要素が限りなく少ない旅先なので、初めてでも比較的安心して海外ひとり旅ができますし、結果、成功体験を得られる可能性が高いです!

やっぱり台湾に行ったらタピオカは外せません!

2020年2月8日の夜には、台北からバスで1時間弱の十分で行われる、あの『塔の上のラプンツェル』のワンシーンのモデルとなったと言われるランタン飛ばし「平渓天燈祭(ピンシースカイランタンフェスティバル)」もありますし、そういったイベントに合わせて旅をするのもオススメですね。

まずは台湾で成功体験を味わってから、どんどん行く距離を伸ばして、知らない世界に飛び込んでいきましょう!

食後のデザートは、マンゴーかき氷で決まり!

※2020年2月6日現在、新型コロナウイルスが流行しているので、最新情報は常にチェックしておきましょう。また、今後日本国内で感染が拡大した場合は、日本発着の便が運休になることも想定され、その場合、感染が拡大していない国へ渡航したものの、日本への帰国の便がなくなるといったケースも想定されます。海外旅行中は、現地の情報並びに日本国内の情報はこまめにチェックすることをおすすめします。

【ポトフ(by 朝日新聞社)関連記事】
特集:リーマントラベラー [telling,]

 

特集

TAGS

この記事をシェア