ひとりで黙考するのにおすすめの喫茶店5選(荻窪編)

黙考に適した喫茶店「ミニオン」

喫茶店・カフェに通うこと通算5000回以上。コーヒーも好きですが、喫茶店という空間をこよなく愛しています。

今回は、そんな喫茶店大好きな私が、ひとりの時間を満喫するのにおすすめの荻窪の喫茶店を五つご紹介します。どの喫茶店も個性が光る素敵なお店ばかりを選びました。

荻窪のおすすめの喫茶店5選

CAFE and BAR poco

CAFE and BAR pocoの外観

最初に紹介するのは「CAFE and BAR poco」。外観はいかにもカフェ&バーという感じです。店内では作業したり、漫画を読んだりするひとりのお客さんが、思い思いに過ごしています。

静かに黙考できる穴場の喫茶店なので、常連さんの中には「店の存在に気付いて欲しくない」と思っている方も多いはずです。

2000冊を超える漫画が陳列されている= CAFE and BAR poco

私のおすすめメニューは「カフェラテ」(税込み572円)。ミルクの味わいが強く感じられます。たっぷりな量もうれしいポイント。かわいいラテアートがほどこされていて、視覚的にも楽しめます。

〜オーナーの石田良信さんから一言〜
「自由に使ってもらえるような環境を提供しよう、と思っています。漫画が2000冊あり、漫画を読むお客さんも、仕事をするお客さんもいます」

静かに黙考したい時や、漫画を読んでゆっくりしたい時などにおすすめの喫茶店です。

<店舗情報>
CAFE and BAR poco
住所 東京都杉並区天沼3-12-1
営業時間 月木金11:30〜26:00 水16:00〜26:00 土日祝11:00〜26:00 火定休
TEL 03-6338-9544

名曲喫茶ミニヨン

どこかカジュアルで親しみやすい店内=名曲喫茶ミニヨン

続いてご紹介するのは、初めての方でも肩ひじ張らずに音楽を楽しめる「名曲喫茶ミニヨン」。音楽を聴きながらゆったりしたい時に、ぴったりの喫茶店です。

流れている曲はクラシックが中心です。クラシックの中でもグレゴリー聖歌、バロック、ロマン派など、幅広いジャンルの曲を聴くことができます。

店内はレトロな雰囲気ですが、どこかカジュアルで親しみやすい印象もあります。名曲喫茶には珍しいカウンター席も、その雰囲気を演出しています。

飲みやすいブレンド・コーヒー=名曲喫茶ミニヨン

ブレンド・コーヒー(税込み495円)は、ソフトとビターから選ぶことができます。ソフト、ビターという名前ですが、どちらも極端な味ではありません。ビターでもそこまで苦くなく、飲みやすくなっています。

〜店主の小林眞理子さんから一言〜
「うるさくすることは厳禁ですが、節度をもっていただければ、自由に過ごしていただいて構いません」

名曲喫茶に行く、という目的意識を持って訪れるのではなく、普通の喫茶店を利用するように、ふらりと立ち寄れる名曲喫茶です。

<店舗情報>
店名 名曲喫茶ミニヨン
住所 東京都杉並区荻窪4-31-3マルイチビル 2F
営業時間 月〜土12:00~21:00 日祝11:00〜19:00 水定休
TEL 03-3398-1758

A bientot ~ア・ビアント~

店内BGMがかからない珍しい喫茶店= A bientot ~ア・ビアント~

店内にBGMがかからない、珍しい喫茶店「A bientot ~ア・ビアント~」。時計も置かれておらず、時間を気にせずに黙考ができる喫茶店です。

聞こえてくるのは、ミルを挽(ひ)く音など、喫茶店ならではの音と、会話だけ。静寂に浸れる空間で、ちょっとした音が自然な環境音として心地よく感じます。

ネルドリップでゆっくり落とすブレンドコーヒー= A bientot ~ア・ビアント~

「ブレンド ノワール[深煎り](ビター)」(税込み600円)はこだわりの一杯です。ネルドリップでゆっくり落としているので、淹(い)れるのに時間がかかるそう。

豆は深煎(い)りで、苦みが強めですが、飲んでいると不思議と甘さを感じます。自家焙煎(ばいせん)の豆が、ぜいたくな香りを演出してくれます。

〜店主の前田真吾さんから一言〜
「今は色々なところで、音楽が流れています。無音のお店があってもいいのではないでしょうか。時間に余裕のある方たちが、定期的に訪れるお店を目指しています」

静かすぎるのが苦手な方でも、静けさを心地よく感じることができるお店です。ちなみに、クリスマスの時期など年に2〜3日はBGMをかけることがあるそうです。

<店舗情報>
A bientot ~ア・ビアント~
住所 東京都杉並区荻窪5-10-21TYビル 1F
営業時間 11:00~21:00第1.3火、水定休
TEL 03-3392-6023

珈里亜

店内から駅のホームが見える=珈里亜

続いてご紹介するのは、店内から駅のホームと電車が見える喫茶店「珈里亜」。いつもと少し違う景色を見ながら、ひとりでゆったり過ごしたい方におすすめです。

平日はサラリーマンの方が多く、土日は若い方が多く訪れます。女性はケーキとクリームソーダを目当てに来店する方が多いそうです。

珍しい青色のクリームソーダ=珈里亜

このお店の「クリームソーダ」(税込み580円)は緑ではなく、青い色が特徴。クリームソーダが青い理由は、ブルーシロップで作っているから。適度な炭酸、適度な甘さのある味わいです。

見慣れない青いクリームソーダは、不思議とレトロな印象があります。創業38年の喫茶店が手掛ける、ちょっとした遊び心のあるクリームソーダです。

コーヒー専門店ですので、もちろんコーヒーもおいしいです。ペーパードリップで、オーダーが入ってから淹れているそうです。

〜店主の丸山武志さんから一言〜
「コーヒーだけ飲んで、ぱっと帰る方もいらっしゃいます。窓側の席は人気で、空いていると座る方は多いです」

往来する電車を眺めながら、ひとりでゆったり黙考してください。

<店舗情報>
珈里亜
住所 東京都杉並区荻窪5-27-6中島第一ビル 2F
営業時間 月〜土10:00~22:00 日祝12:00~22:00
TEL 03-3393-1136

istut(イストゥット)

フィンランドの食器と家具が配置された店内= istut

最後にご紹介するのは、ぼーっと過ごして欲しいとの思いが込められたお店「istut」。PCを使った作業などの「ノマドワーク」はコンセプト的に推奨されていません。

フィンランドでオーナー自らが買い付けた食器や家具が、おしゃれな店内を彩っています。

オーナー夫婦の伊藤志保・誠さん= istut

コーヒーはストレートで、2種類が選べます。私の好みは「ストレートコーヒー マンデリン」(税込み600円)。程よい苦みと、甘さとコクがあります。ストレートコーヒーですが、クセが強いわけではなく、毎日飲んでも飽きない味わいです。

オープンから8年間、ご主人しかコーヒーを淹れていないそう。それがブレない味を生み出していて、注文が入ってから一杯ずつ丁寧に淹れられています。

フィンランドの自家製シナモンロール&お好きなドリンク(セット価格 税込み900円)という、お得でおいしいセットもあるのでぜひ。

〜オーナーの伊藤志保さんから一言〜
「パソコン・スマホをしまって、ゆっくりコーヒーを飲んでもらいたいです。大人が来る喫茶店です」

窓際の席で本を読むなど、充実したひとり時間を過ごしたい方におすすめです。

<店舗情報>
istut
住所 東京都杉並区天沼3-30-41ルミエール荻窪 1F
営業時間 月11:30〜15:00L.O. 水木日11:30~17:30L.O. 金土11:30~19:00L.O. 火定休
TEL 03-3398-3534

以上、荻窪でひとり時間を満喫する上で、おすすめの喫茶店5選でした。ぜひ荻窪で喫茶店を訪れる際は、参考にしてみてください。

 

TAGS

この記事をシェア