気付けば1本ペロリ! さまざまな料理に使える簡単「ねぎ塩だれ」の実力

「鶏もも葱塩」。一口大に切った鶏モモに軽く塩こしょうをして、フライパンで焼いて「ねぎ塩だれ」をあしらって完成

家庭料理愛好家の吉田正幹です。僕はほぼ毎日、手軽に作れる「ひとり飯」をインスタグラムのアカウントに投稿しています。そんな僕がおすすめする料理を中心に紹介するこの連載。今回は、「ひとり飯」の万能調味料ともいえる「ねぎ塩だれ」です。さまざまな料理で活躍してくれるので、ぜひ作ってみて下さい。

ほんのひとつまみあれば合点がいく

「それが無いと、しっくりこない」というのは、何も「クリープを入れないコーヒー」に限ったことではありません。サビ抜きの鮨が寂しいように、ビールを我慢して餃子をつまむ味気なさのように、納豆ややっこ、味噌汁の薬味に長ねぎがないとどうも落ち着かない。そう感じるのはボクだけでしょうか。「たっぷり」でなくてもいいのです。ほんのひとつまみあれば合点がいくのです。

そんな「長ねぎLOVE」な僕ですが、料理を始めたころはいつも刻んであるパックものに手をのばしていました。薬味に使う分量はたかが知れているし、1本を使い切る自信がなかったからです。

ご存じのようにパックものの長ねぎは、薄く、きれいに揃った小口切りで、見た目は最高。しかし、ルックスに反してこれがおいしくないのです。買う店を変えても、氷水に放してシャキッとさせてもダメ。香味野菜好きのボクにとっては、「ねぎならではの香り」が物足りない。

そこで、僕の舌が覚えている”ねぎらしいねぎ”を食べるには、1本買いしかないと思い、それ以来ねぎを買うときはパックものではなくまるまる1本のねぎを買うようになりました。

気付けば1本ペロリ

1本買いをするようになった僕ですが、1本まるまるを使い切るのはちょっと大変。しかし、無駄にはしないでおいしく食べきりたい。そこで頼りにしたのがレシピサイトです。「ねぎ」をキーワードに検索してみると、先達たちのヒントがあふれていました。

もっとも食指が動いたのは「ねぎ塩だれ」。小口切りにごま油をまぶし、中華だしの素とブラックペッパーを混ぜ合わせるだけのもの。火を使わずに簡単にできるところも気に入りました。

さっそく作ってみると、やっこに合わせてよし、鶏肉や焼き魚に添えてよし、蕎麦に合わせて「まぜ蕎麦」風に仕立ててもよし。気付けば1本ペロリです。ねぎが油のベールをまとうことでみずみずしさがコーティングされ、密閉容器に入れて冷蔵保存すれば、3〜4日は余裕でもつのもひとり暮らしにはうれしいところ。

小口切りは不細工でも不揃いでも全く問題ナシ。ポイントは、とにかく1本、丸のままから刻むこと、できれば買ってきたその日に刻むこと。「ああ、コレなんだよなぁ」とニンマリするような新鮮なねぎの風味を存分に味わえます。そして何よりも「1本を存分に使い切った、食べきった」という達成感が何とも心地よくあるのです。

改めて気付く、ねぎの多彩な使い道

「ねぎ塩まぜそば」。そばを茹で、水で締める。ねぎ塩だれで和え、煎り胡麻や揚げ玉を散らして完成

1本買いに躊躇(ちゅうちょ)がなくなると、太くてツヤがあり見るからにおいしそうな「深谷ねぎ」(埼玉産)や「やわ肌ねぎ」(新潟産)などのいわゆるブランドねぎを見かけると素通りできなくなりました。2、3本のまとめ売りにも手を出すようになり、1本は「ねぎ塩だれ」に、もう1本は肉豆腐の脇役や照り焼きの付け合わせにと、使い道の幅が拡がるのもうれしくて。

小口切り、千切り、斜め切り…切り方ひとつで味わいが変わり、それぞれに合う料理があることもわかってきました。肉味噌には白髪ねぎがしっくりくるし、きっちり火を通す鍋ものやすき焼きには思い切って厚めに切る方がおいしい。細い青ねぎは博多ラーメンには良いけれど、やっこや納豆には馴染まない。チャーハンの炒め工程で長ねぎのみじん切りをスプーン1杯入れるだけで、味がグンと「中華屋さん」に近づくことも発見しました。

使い切れないと思い込んで購入するのを迷っていた1本ねぎですが、いまでは「冷蔵庫になければ寂しい野菜」になりました。むしろ切らしてしまうことの方が心配で、メニューに使うあてがなくても週に1度の買い出しのときは、必ず買い物かごに入れています。

「好きだな」「食べたいな」と思う食材は、ひとまず買ってみる。自分の引き出しにない食べ方を調べる。買ったことがない調味料も試してみる…。やる気や向上心があれば「知恵は後から付いてくる」と言いますが、それは料理にも当てはまります。料理が楽しく、面白くなるのは、こういうところからのような気がしています。

ねぎ塩だれの作り方

【材料】

  • 長ねぎ 1本
  • ごま油(太白胡麻油推奨) 大さじ1
  • 中華スープのもと(創味シャンタン推奨) 小さじ1
  • ブラックペッパー 少々

【作り方】

  1. 長ねぎを小口切りにする。
  2. ボウルにごま油と中華スープのもとを入れてよく混ぜ合わせる。
  3. 2に1を入れ、ねぎ全体に味が馴染むようによく混ぜ合わせる。
  4. ブラックペッパーを軽く振って完成。

 

特集

TAGS

この記事をシェア