オリーブオイルに賭けた男の「一点突破人生」(50代からの独身日記:10)

澳敬夫氏。オリーブガーデンの入口にある自宅兼ゲストハウスの玄関前にて

自分にとって旅はとても大切な人生の一部。最近は名所旧跡見物やグルメ、エンタメ、温泉旅行といった従来型旅行から少し変わってきました。

それは「なにかに没頭するためにひとりで出かける滞在旅行」。単なる体験ではなく、そこにいる人や地域に短期間でも濃密に浸りきる、そんな旅です。今回はそんな旅で出会った高松にあるオリーブガーデンを経営する男をご紹介させてください。

高松のオリーブガーデン

きっかけは、高松でオリーブオイルを作るひとりの男がいると知ったこと。その「オキ・オリーブオイル」は、食の世界に20年いる私が感じた、最も高品質なオリーブオイル。世界一と言ってもいいのではないか、とさえ思えます。香りと味わいを一度感じてしまうと、ローランド様ではありませんが「オキ・オリーブオイルかそれ以外か」。

なぜそこまで言い切れるか、ということにはいくつか理由があります。まずは青い果実だけを採るということ。そして収穫後4時間以内に搾油するということです。こうした生産方法をとっているメーカーは他にはほとんどないものです。

その男、たったひとりで1500本もの木を植えたというではありませんか。おまけにオリーブオイルの値段が100ミリリットルで7020円という、ぶっとび価格。オリーブオイル・メーカーの名は澳敬夫(おき・たかお、以下オキ)。私はすぐに彼に会いに行ったのでした。2018年の秋のことです。

エリート証券マンが敢えて選んだ苦難の道

オキ氏は慶應義塾大学経済学部を卒業し、野村証券に入社。2013年に高松支店の法人課長という要職に就きます。年収はおよそ2000万円。当時は地方での産業活性化のために金融機関が地元の産業に投資し、事業のスタートアップを支援するという仕組みが機能し始めた時期。オキ氏は地元の産業を盛り上げるために奔走します。しかし、事業化が具体的に固まったところで、プロジェクトは暗礁に乗り上げます。

深く悩んだ末、自らその事業を引き継ぎ、起業することを決心。理由は「可能性とロマン」。とはいえ、言葉を変えると「博打」以外のなにものでもありません。

ミッション種という喉を抜ける清々しい苦味が特徴の品種を栽培しています

当然、家族は猛反対。さらに、その時期に合わせたかのように異動の辞令が下ります。赴任先は、なんと新潟という高松とは正反対の雪国ではないですか。

辞令を受けた彼は一旦、ひとり新潟に居を構えます。が、すぐに高松に戻ります。彼が選んだのは会社でもなく家族でもなく、可能性とロマンでした。

オキ氏は今、家族と離別し、ひとりで黙々と樹と向き合っています。年収2000万円は10分の1になったどころか、全財産をオリーブの樹に突っ込みました。3年前に家、家族、仕事、お金などすべてを失った自分とも重なり、まるで生き別れになった兄弟に再会したかのような気さえします。

オリーブガーデンカフェからの風景。ここでのんびり1日過ごすゲストも
看板を製作するフランス人アーティスト、エルメ。彼もふらりとオリーブガーデンにたどり着き、長期滞在をしながらボランティアで様々な仕事をこなしました

ひととおりオリーブの樹を植え終わった後、オキ氏はオリーブガーデンの入口の納屋や、離れのある大きな古民家を借りて、そこをゲストハウスに改造し始めていました。

長期にわたりボランティアをしてくれたフランス人のテオ氏と。映画監督を目指して世界中を旅しているという。

ここにたどり着くまでの困難な道のりと、今、抱える苦悩に彼はどう向かい合っているのか。そこには壮絶な「現場」があったのです。

世の中、なんとかなると思っているとなんとかなる

幼いころ誰もが持っていた「希望」はいつしかぼんやりと曖昧になってきている気がしませんか? オキ氏を見ていると、すっからかんにんっても一心不乱にひとつのことに突き進む姿勢にうらやましさを感じてしまいます。オリーブオイルに賭けた男の一点突破人生、これからが楽しみです。

「命取られるわけじゃないし、世の中なんとかなるもんだよね」

そう言ってオキ氏はすでに今年の収穫の話を始めていました。

 

連載

TAGS

この記事をシェア